ホーム > CSR > 私たちの行動指針 > 東邦亜鉛グループ行動指針

東邦亜鉛グループが良き企業市民として存在し行動していくために、社員一人ひとりが自覚し遵守すべき行動指針です。
なお、この行動指針は携帯カードにして各社員に配布しております。

1. 法令等の遵守

東邦亜鉛グループは、国内外全ての法律、国際ルールおよびその精神を遵守するとともに、社会的良識をもって公正、透明、自由な競争のもと誠実に事業活動を行い、また、政治・行政との健全かつ正常な関係を保ちます。

2. 社会に有用な製品、サービスの提供

東邦亜鉛グループは、多様化・複雑化・高度化する顧客のニーズに応えるとともに、省エネルギー・省資源・環境保全にも十分配慮し、安全かつ有用な製品・サービスを提供し、顧客や社会からの信頼の獲得に努めます。

3. 企業情報の適正な開示

東邦亜鉛グループは、社会から信頼される開かれた企業として、株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを図り、正確な企業情報を積極的かつ公正に開示します。

4. 環境問題への積極的な取り組み

東邦亜鉛グループは、環境問題への取り組みが企業の存立と活動に必須の要件であることを認識し、環境マネジメントシステムの確立に努め、自主的かつ積極的に環境改善の活動に取り組みます。

5. 二酸化炭素の排出削減

東邦亜鉛グループは、地球温暖化防止に向けた地球規模での対応が国際社会における課題であることを認識し、二酸化炭素の排出量の削減に努めます。

6. 生物多様性と事業活動の調和

東邦亜鉛グループは、生物多様性と事業活動の調和を目指し、事業計画の立案等にあたっては、関係する国内外の生態系、地域社会に及ぼす影響等に配慮するとともに、資源循環型経営を継続的に推進します。

7. 社会貢献活動の推進

東邦亜鉛グループは、社会との十分な連携と協調を図り、「良き企業市民」として積極的に社会貢献に努めます。

8. 働きがいのある職場作り

東邦亜鉛グループは、仕事と生活の調和に配慮して従業員のゆとりと豊かさを実現し、安全で働きやすい環境を確保するとともに、従業員の人格・個性を最大限に尊重し、自由闊達で創造性の発揮できる企業風土を実現します。

9. 反社会的勢力および団体との対決

東邦亜鉛グループは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは断固として対決し、違法、不当な要求に応じません。

10. 国際社会との協調

東邦亜鉛グループは、国際社会に通用する高い倫理観を備え、人種、信条、宗教、性別等による差別をせず、海外の文化および慣習を尊重し、相互信頼を基盤とした事業活動により国内外の経済・社会の発展に貢献する経営を行います。

11. コンプライアンスの推進

東邦亜鉛グループは、本「東邦亜鉛グループ行動指針」を全関係者に周知徹底し自覚を促すとともに、ヘルプラインの設置(※)等実効あるコンプライアンス体制の整備ならびに社内外の意見・情報の常時把握に努め、企業倫理のさらなる徹底を図ります。
※当社及びグループ会社の社員等からの内部通報の受け皿として、社内及び社外(弁護士事務所)にヘルプラインを設置しております。

12. 問題発生時の対応

東邦亜鉛グループの経営者は、自ら率先垂範し本「東邦亜鉛グループ行動指針」の精神の実現に努め、万一、これに反するような事態が発生したときには、経営者自らが問題解決にあたり、原因究明・再発防止に努めます。
また、社会への迅速かつ的確な情報公開と説明責任を遂行するとともに、権限と責任を明確にしたうえで、自らも含めて厳正な処分を行います。

以上

ページの先頭に戻る