採用トップ > 社員メッセージ > 菅 大輔

社員メッセージ

夢は非鉄のプロエンジニア 安中製錬所 第二製造部 製錬二課 造液担当 菅 大輔

仕事の内容を教えてください。

安中製錬所に所属する技術スタッフの一員として、設備管理や改善、新規プロセスの検討に取り組み、操業データを解析することにより、より良いプロセスの管理を目指しております。また自分が行った試験の結果が新たな設備の導入に繋がることもあり、大きなやりがいを感じています。

東邦亜鉛に決めた理由を教えてください。

学生時代は、製錬以外の分野を専攻しておりました。しかし、就職活動に際し、当社には自分が所属する学校の卒業生が多く在籍し、研究室の先輩も活躍していると聞き、自らも非鉄製錬の分野で応用化学の知識を活かせればと思い志望しました。また、若手のスキルアップの機会が充実していることが魅力の一つであり、私も実際に海外子会社鉱山での現地研修など貴重な経験をさせてもらっています。

今後の夢や目標は何ですか。

亜鉛を始めとして製錬に関する知識・経験を高め、より良いプロセスの在り方を追求するとともに、鉱山技術も広く学び、非鉄製錬の川上から川下まで一貫した技術者を目指したいと考えています。

就職を考えている学生のみなさんへメッセージを。

就職活動中は様々な人にお会いする機会があり、話をお聞きするうちに企業の印象や自分の考えが変わることもあると思います。まずは会社説明会などに足を運び、企業担当者の方や先輩方から直接お話を聞いてみることが大きな情報源になると思います。当社の採用担当ならば、臨機応変かつフランクに対応して頂けることをお約束致します。

ある1日のスケジュール

7:30 出社。更衣室で作業着に着替え、現場へ。始業前のラジオ体操。
8:00 始業。メールチェック。担当部門現場ミーティング。前日からの操業状況および足許の目標の確認。
9:00 現場巡視とともに工程分析サンプルの採取。所内分析部門担当者と分析方法を相談し、至急の成分分析を依頼。
11:00 操業関連の技術文献の調査。デスクワーク。
12:00 社員食堂にて昼食。
13:00 ラボスケールでの試験を実施。新たな処理方法で既存プロセスのコスト・作業効率を改善できないか検討。
技術研究室への基礎試験の依頼。
15:00 職場会議に出席。安全・環境・品質に関する情報をグループで共有。教育・訓練として緊急事態時対応手順も確認。
16:00 その日の操業の日報分析値を確認し、各種工程に異常な傾向がみられないかチェック。
17:00 翌日の作業内容を確認して退社。
連絡先
本社 人事部 採用担当
住 所
〒100-8207 東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
TEL:03-6212-1712 FAX:03-3284-1521
お問い合わせフォーム(資料請求)