採用トップ > 社員メッセージ > 宮澤 真吾

社員メッセージ

常に新しい視点で、「メンテナンス ヨシ」 小名浜製錬所 保全課 保全係 宮澤 真吾

仕事の内容を教えてください。

機械設備等に関する補修工事の検討、施工計画、安全施工管理、補修履歴記録管理等の業務を行っています。設備が故障した際その原因を究明し、設備が正常に動いた時、面白さややりがいを感じています。
難しく感じるのは工事の安全管理です。「安全への取り組みには終わりがない」ことを痛感しています。
他には、設備の設計、図面作成等も行っています。

東邦亜鉛に決めた理由を教えてください。

当社は亜鉛・鉛といったベースメタルの生産を行っており、また、リサイクル事業として製鋼ダストから酸化亜鉛を生産するなど、日本の社会を根底から支える会社であるという点に惹かれました。
学生時代は機械の分野を専攻していました。自分の適性とキャリアを考える上で、大きな設備を扱う「メンテナンス・エンジニア」になりたいとの考えに至り、なおかつ当社には製錬業としてスケールの大きな設備が数多く存在すると伺い、ここだ!と思いました。

今後の夢や目標は何ですか。

「あいつに任せれば大丈夫」と思って頂けるような、現場から信頼される技術者になりたいです。
その為には、日々の業務をただ漫然とこなすだけでなく、常に新しい視点を持ち、自分の知識、経験、コミュニケーション力を高める努力をし続けようと思います。
そして、さらに所内設備の改善を進め、安定操業・省エネルギーを推進していきたいと思います。

就職を考えている学生のみなさんへメッセージを。

非鉄金属製錬業は、学校の専攻分野でいえば化学系に親和性が高いイメージをお持ちかもしれません。かくいう私も、学生時代、機械の分野を専攻しており、当社はノーマークでした。
しかし、当社には歴史があり、活躍できるフィールドが広いので、やる気とアイデア次第で機械・電気系の学生さんも学んできたことを思う存分生かせる会社だと思います。

ある1日のスケジュール

7:15 出社。今日の予定をチェック。急ぎの修理依頼がないか確認。
7:50 ラジオ体操。協力工事会社の職人を交えた朝の朝礼。
8:00 始業。現場に赴き、気になっている設備のチェックを行った後、当日の補修工事の安全施工管理。
12:00 会議室で昼食をとる。昼食後にデスクで資格試験の勉強をする。
13:00 数ヵ月後に控えている定修補修工事の施工計画及び協力工事会社への手配を行う。
15:00 操業側担当者と翌日の補修工事の打ち合わせ。
16:00 担当している起業案件の工事計画。見積もりのチェックなどを行う。
18:00 翌日の工事作業指示書を準備して退社。
連絡先
本社 人事部 採用担当
住 所
〒100-8207 東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
TEL:03-6212-1712 FAX:03-3284-1521
お問い合わせフォーム(資料請求)