採用トップ > 社員メッセージ > 藤原 大輔

社員メッセージ

現場と本社 キャリアを積んで活躍したい 本社 資源事業部 藤原 大輔

仕事の内容を教えてください。

入社当初は、小名浜製錬所で製錬技術系の製造スタッフとして、現場の方と汗を流し作業をしたり、設備、操業の維持管理、改善に取り組んできました。
今現在は、2015年の7月より資源事業部の一員として、亜鉛や鉛、銀の原料である鉱石を買鉱して各国内製錬所に供給する業務に従事しています。

東邦亜鉛に決めた理由を教えてください。

学生時代は無機化学を専攻しており、製錬に関しての知見はほとんど無く当社のことも知りませんでしたが、研究室の恩師より当社について紹介があり、製錬に関する本を読んでいくうちに製錬技術に興味を持ったのがきっかけです。
最初は不安でしたが、社員の方から、若いうちから責任のある重要な仕事を任せてチャンスを与え、会社の中で育てていくという話を伺い、入社を決意しました。

今後の夢や目標は何ですか。

まずは、今担当している原料鉱石の買鉱関係について習熟することが目標です。
以前は製錬所側で鉱石を使う側にいましたが、今は供給する側として製錬所経験を買鉱に活かしていきたいと思っています。
また、資源事業部の一員として、オーストラリアに所在する子会社のCBH社が保有するラスプ鉱山、エンデバー鉱山にて社内研修を経験させて頂きましたが、まだまだ語学、鉱山知識は未熟であり、今後も習得に向け励んでいきたいと思っています。

就職を考えている学生のみなさんへメッセージを。

学生時代より、入社してから学ぶことの方が多いと思いますので、自分が専攻していない分野の会社でも躊躇せず興味がある会社を色々回ってみることをおすすめします。
また、企業としては将来の成長に期待して向上心のある人材を求めていると思います。
入社して自分のイメージしていたものと違うことが出てくると思いますが、自分がやれること、やるべきこと、やりたいことを自分の中で整理して仕事に向き合い、前向きに取り組む姿勢を持って頂ければと思います。

ある1日のスケジュール

8:40 出社。メールの確認。
9:00 各製錬所の操業確認。
本船動静(製錬所向け原料となる鉱石を積んだ船の到着予定)の確認。
10:00 引き合い原料(鉱石)のスペック確認。
製錬所に処理可否の相談。
12:00 昼食。
13:00 国内(外)の商社と面談。
海外鉱山や需給動向の情報収集。
14:00 引き合い鉱石の買鉱の検討。
15:00 引き合い鉱石の買鉱交渉。
16:00 製錬所に本船動静の連絡。
船積書類の手配。
海外送金、輸入通関手配。
18:30 翌日の予定を確認して退社。
連絡先
本社 人事部 採用担当
住 所
〒100-8207 東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
TEL:03-6212-1712 FAX:03-3284-1521
お問い合わせフォーム(資料請求)