証券コード 5707 東証1部

ホーム > IR情報 > IRポリシー

1. 基本方針

当社は、株主・投資家の皆様に対し、迅速で公平、かつ正確な情報開示に努めます。また、金融商品取引法および上場している証券取引所の定める「適時開示規則」に則り適時適正な情報開示を行います。それ以外の開示義務のない情報につきましても、株主・投資家の皆様に当社をご理解していただく上で有用と判断した場合は、積極的に情報を開示していく方針であります。

2. 情報の開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所への事前説明の後、速やかに適時開示情報伝達システム(TDnet)にて行います。また、プレスリリースの配布、記者会見等により報道機関への公表を実施するとともに当社ウェブサイトへ掲載し、公平な情報開示に努めます。

3. 沈黙期間

当社では、決算関連情報に関して、公表前の漏洩を防ぎ公平性を確保する観点から沈黙期間を設けており、この期間については、決算・業績見通しに関するコメントならびにお問い合わせへの対応を控えさせていただきます。

なお、当社のIR沈黙期間は決算発表日前の4週間とさせていただきます。ただし、当期間中に、業績予想等に大きな変化が見込まれる場合や重要事実が発生した場合には、速やかに情報開示を行います。なお、すでに公表されている情報に関する範囲のご質問等につきましては適宜対応いたします。

4. 将来の見通しについて

当社が開示する情報の中には、将来の見通しに関する事項が含まれている場合がありますが、発表時点での情報に基づく予想であり、経済情勢等の変化によって大きく異なる結果となる可能性があることをご承知おきください。

5. 投資判断について

当社ウェブサイトに掲載している情報は、当社に対するご理解を深めていただくことを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定については、投資家の皆様ご自身の判断と責任において行われるようお願いいたします。

ページの先頭に戻る